« 北風が運ぶ思い出=パンとウオッカとカルパス=森繁久弥 | トップページ | 暮しの手帖の基本料理 »

2013年11月21日 (木)

「思い出の先にはいつも家庭料理」

新刊食書のご紹介

思い出の先にはいつも家庭料理
     寛仁親王妃信子著・青柳陽一撮影
     (マガジンハウス発行・定価1995円)

ー花桃 四季の一品料理&エッセイー

四季折々の、時を迎える歓びを忘れずに、
自然からのおくりもの、旬の味、旬の香りを伝えること。
そんな思いを、私は家庭料理に込めてまいりました。
春の魚だから「鰆」、秋が旬だから「秋刀魚」。
その美しい日本人の感性を風化させないように・・・・。

桜鯛の洒蒸し中華風
桜の咲く頃、ほんのり桜色
に蒸し上かった桜鯛に千切
りにLた白髪葱と生姜をの
せ、熟した隠し味の油を。

こころあたたまる福島伊達の人々との交流、
    そして福島の自然豊かな食材との出会いに、
        春夏秋冬の日本の旬を愉しむ全68品

長葱のドレッシング漬け
長葱を手づくりドレッシ
ングに、半日漬けておく
だけですから、簡単にで
きる重宝な一品。

秋刀魚のカルパッチョ
秋は秋刀魚が旬。お刺身
もいいのですが、今宵は
カルパッチョに。

アンポ柿のサラダ
伊達名産のアンポ柿は
サラダや白和えにしても
美味しいのです。

特別寄稿
料理が人を励まし、絆をつくることを証した
真実の料理エッセイである。(オビ文より)
・歌舞伎役者/人間国宝 坂東玉三郎さん
・著述家 牧山桂子さん
・発酵学者/東京農大名誉教授 小泉武夫さん

|

« 北風が運ぶ思い出=パンとウオッカとカルパス=森繁久弥 | トップページ | 暮しの手帖の基本料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127429/58618790

この記事へのトラックバック一覧です: 「思い出の先にはいつも家庭料理」:

« 北風が運ぶ思い出=パンとウオッカとカルパス=森繁久弥 | トップページ | 暮しの手帖の基本料理 »