« 駅長に渡された水蜜桃の感触 | トップページ | 「宮沢賢治の菜食思想」 »

2013年9月18日 (水)

地元菓子

新刊食書のご紹介

「地元菓子」

 著者が旅のなかで出会った、そ
の土地ならではの〈地元菓子)を
網羅。愛知県・一色にあるえびせ
ん街道、青森と能登だけに存在す
るバターせんべいの謎、九州日向
路ならではの餅菓子文化。単なる
菓子図鑑ではなく、そこに地域の
風土や文化をも映し出す。 (鳥)
◆若菜晃子著 新潮社
(℡03・3266・5111)
定価1680円

( 「サライ」2013年9月号 サライブック レビュー<読む>所載)         

|

« 駅長に渡された水蜜桃の感触 | トップページ | 「宮沢賢治の菜食思想」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127429/58219739

この記事へのトラックバック一覧です: 地元菓子:

« 駅長に渡された水蜜桃の感触 | トップページ | 「宮沢賢治の菜食思想」 »