« 支那遊廓の文學的雰囲気<中国を愛す> | トップページ | アーミッシュ料理 »

2013年9月13日 (金)

相撲部屋ちゃんこ百景

■相撲部屋ちゃんこ百景
           佐藤祥子く著〉
 相撲部屋のちゃんこを取材し、その過程
でみえた力士の素顔や部屋の歴史をつづ
る。春日野部屋では代々伝わる豚みそちゃ
んこ、錣山部屋では角界入りした元パティ
シエがつくる担々ちゃんこ、貴乃花部屋で
はオリジナルのイタリアントマト鍋ができ
るまでをみる。力士は他の部屋のちゃんこ
を食べる機会がほとんどなく、自分の部屋
の昧しか知らない。だからか、調理担当者
に各部屋のちゃんこ鍋のレシピ本を買って
渡したという力士も。朝青龍がこだわって
毎食食べていたもの、佐渡ケ嶽部屋に鎮座
している琴欧洲のブルガリアヨーグルト専
用冷蔵庫など興味深いエピソードも。人情
味あふれる部屋の様子が伝わってくる。
       (河出書房新社・1680円

(H25・8・25 朝日新聞<朝刊>「読書」所載)

|

« 支那遊廓の文學的雰囲気<中国を愛す> | トップページ | アーミッシュ料理 »

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 株の勉強 | 2014年1月10日 (金) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127429/58184373

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲部屋ちゃんこ百景:

« 支那遊廓の文學的雰囲気<中国を愛す> | トップページ | アーミッシュ料理 »