« 「食べ物さん、ありがとう」 | トップページ | ロシア文学の食卓 »

2009年1月30日 (金)

ベルギー美味しい旅

新刊食書のご紹介

「ベルギー美味しい旅」(相原恭子・小学館・定価1995円)

ビールや料理を通して食文化や歴史を辿る 

銘柄で1000種ともいわれる多様なビールと、美食で知られるベルギーを巡る紀行エッセイ。 ブリュッセルやフランダースなど各地のビール醸造所を取材し、ビアカフェやレストランで郷土料理を堪能し、日本の皇室と縁<ゆかり>のある貴族の城を訪ね食事を共にする。 多彩な食文化を生んだ複雑な民族構成、歴史や文化にも言及。 ベルギーの魅力が凝縮された一冊だ。(住)

(2009/1/22 「サライ」<サライブックレビュー『読む』>所載) 

|

« 「食べ物さん、ありがとう」 | トップページ | ロシア文学の食卓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127429/43900205

この記事へのトラックバック一覧です: ベルギー美味しい旅:

« 「食べ物さん、ありがとう」 | トップページ | ロシア文学の食卓 »